テキサスホールデムのルールと戦略を大公開

テキサスホールデムのルールと戦略を大公開

カジノの定番ゲームであるポーカー。 

実はポーカーと一口に言っても、様々な種類があるのはご存知でしたか? 

その中でも、現在世界で最も人気なのがテキサスホールデム! 

この記事ではテキサスホールデムのルールや遊び方、さらには勝率アップを狙うための戦略をまとめて解説していきます! 

これを読めば、ベラジョンでテキサスホールデムをプレイする準備が整うはずです。 

 

まだベラジョンに登録していない人は、下のバナーをクリック! 

当サイト経由限定で30ドルのボーナスがもらえます♪ 

30ドルもらって登録する

テキサスホールデム攻略

テキサスホールデムのルールを解説
まずはテキサスホールデムとはどういうものなのかを見ていきましょう。

テキサスホールデムとは

テキサスホールデムは、各プレイヤーに配られる2枚の手札と、コミュニティカードと呼ばれる全プレイヤー共通のカード (最大5枚) を組み合わせてプレイするポーカーのこと。 

通常は2人~10人でプレイされ、チップをベットしたり、フォールドして勝負を降りたりする駆け引きを行います。 

最終的に一番強い役を作り出すことができた人が勝者となります。 

単に強い役を作り出すだけでなく、相手のカードを予想したり、相手をフォールドさせるための作戦を取ったりするなど、心理戦でもあるのがテキサスホールデムの特徴です。 

ベラジョンのテキサスホールデムはディーラーと対決

テキサスホールデムは、オンラインカジノサイトのベラジョンでもプレイできます。 

ただし、ベラジョンのテキサスホールデムは、プレイヤー同士ではなく、ディーラーと対戦するルールなのがポイント。 

つまり、ディーラーよりも強い役を作り出すことができれば勝利! 

心理戦の要素は弱くなりますが、その分初心者の人でも安心してプレイできます。 

テキサスホールデムのルール

ではここから、ベラジョンでテキサスホールデムをプレイする方法を見ていきましょう! 

スクショ付きで丁寧に解説していくので、初めての方でも大丈夫ですよ♪ 

オンラインカジノ自体が初めて…という人は当サイトのオンカジの始め方ガイドも参考にしてみてください!

テキサスホールデムの基本ルール

テキサスホールデムは、ジョーカーを除いた52枚のカードデッキでプレイされます。 

自分だけのカード2枚と、ディーラーと自分に共通のコミュニティカード5枚の合計7枚の中から、任意の5枚を選び役を作ります。 

ポーカーの役については後ほど解説しているのでご心配なく。 

 

遊び方はいたって簡単! 

ベッティングラウンド→ディール→ベッティングラウンド→ディール…を繰り返していくだけなんです! 

①アンティ: 最初のベット額を選択

テキサスホールデムの遊び方解説「アンティ」

カードが配られる前に、最初のベット額を選択します。 

この最初のベットは「アンティ」と呼ばれ、ゲームの参加費用のようなもの。 

賭けたい金額のチップをアンティと書かれたスペースにドラッグしてベットします。 

テキサスホールデムの遊び方・ベット方法紹介画像

アンティベットが完了したら、「ディール」ボタンを押してゲームスタート! 

②フロップ: 自分のカード2枚を確認

テキサスホールデム遊び方解説・フロップ

アンティの次は「フロップ」と呼ばれるベッティングラウンドが続きます。 

ここでは、自分に配られた2枚のカードを確認して、ベットするかフォールドするかを決定。 

フロップでは、アンティで賭けた額の2倍がベットされます。 

③ターン: コミュニティカード3枚を確認

テキサスホールデム遊び方解説・ターン

次に、コミュニティカード3枚が配られます。 

これと自分のカードを照らし合わせて、ベットを続けるかどうかを判断。 

このベッティングラウンドを「ターン」と呼びます。 

さらに賭け金を増やしたい場合は「ベット」、何も賭けたくない場合は「チェック」を選択。 

④リバー: コミュニティカード4枚を確認

テキサスホールデム遊び方解説・リバー

最後のベッティングラウンドが「リバー」です。 

もう1枚コミュニティカードが配られるので、ベットまたはチェックを選択。 

⑤ショーダウン: 勝ち負け判定

テキサスホールデム遊び方解説・ショーダウン

コミュニティカードの最後の1枚が配られたら、お待ちかねの「ショーダウン」。 

ディーラーとプレイヤーの勝ち負けが判断され、見事勝ったら配当ゲットです! 

 

ここまでが、ベラジョンでテキサスホールデムを遊ぶルールと方法です。 

ベットとディールを繰り返すだけなので、意外と簡単♪ 

初心者は、コンピューターと対戦するビデオポーカーから始めてみるのがおすすめです。 

ビデオポーカーなら、時間制限がなくゆっくりプレイ可能。 

慣れてきたら、リアルタイムでディーラーと対戦するライブポーカーに挑戦してみてもいいですね。 

ポーカーの役の種類

ポーカーの役

さて、テキサスホールデムのルールが理解できたら、ポーカーの勝ち負けを決める役を見ていきましょう。 

テキサスホールデムに限らず、ポーカーをプレイするにあたって、役の種類や強さを知っていることは必要不可欠 

最初は迷うかもしれませんが、何度もプレイするうちに慣れていくはずです! 

ポーカーの役の基本

まず覚えておきたいのが、数字の強さ。 

ポーカーでは、Aが最強、2が最弱のカードとして扱われます。 

 

【強】A→K→Q→J→10→9→8→7→6→5→4→3→2【弱】

 

プレイヤー同士の役が同じ場合、数字の強さで勝ち負けが判断されます。 

もう1つ重要な点が、ポーカーの役は5枚のカードを基準に作られるということ。 

テキサスホールデムでは、プレイヤーのカード2枚とコミュニティカード5枚の合計7枚が利用できますが、その中から最も強い役を作れるように、好きなカードを5枚選ぶことができます。  

ポーカーの役は全部で10つ!

ポーカーの役は全部で10種類あり、以下では強いものから弱いものの順に解説していきます。 

①ロイヤルストレートフラッシュ 

ロイヤルストレートフラッシュはポーカーで最強の役。 

同じスート (図柄) で「10・J・Q・K・A」が揃った時のことを指します。 

出れば勝利の確定する最強の役ですが、出現確率は低く、一生に一度お目にかかることができればラッキー♪ 

②ストレートフラッシュ 

次に強い役がストレートフラッシュ。 

同じスートで、数字が5枚連続した時のことを指します。 

ロイヤルストレートフラッシュと違い、連続さえしていればどの数字でもOK。 

例えば、全て♥の「3・4・5・6・7」や、全て♠の「8・9・10・J・Q」が揃った場合などがストレートフラッシュにあたります。 

③フォーカード 

フォーカードはその名の通り、同じ数字が4枚揃った時のこと。 

「フォー・オブ・ア・カインド」と呼ばれることもあります。 

例えば「K・K・K・K・8」があれば、それはフォーカードです。 

④フルハウス

フルハウスは、ワンペアとスリーカードが揃った時の役。 

つまり、同じ数字2枚のセットと、同じ数字3枚のセットが同時に出現した時のことです。 

例えば、「7・7・J・J・J」のような組み合わせがフルハウスと呼ばれます。 

⑤フラッシュ

フラッシュは、5枚のカードが全て同じスートで構成された時の役。 

スートが同じならば、数字が連続している必要はありません。 

例えば、全て♦の「2・7・3・5・10」が手元にある場合、これはフラッシュ! 

⑥ストレー

ストレートは、スートに関係なく5枚のカードの数字が連続する役。 

例えば、ばらばらのスートで「6・7・8・9・10」と数字が並んだ場合、それはストレート。 

⑦スリーカード

スリーカードは、「スリー・オブ・ア・カインド」と呼ばれることもあり、同じ数字のカードが3枚揃った場合のこと。 

例えば「9・9・9・K・6」の組み合わせはスリーカードです。 

スリーカードとワンペアが組み合わさるとフルハウスになります。 

⑧ツーペア

ツーペアはその名の通り、数字のペアが2セットあるときの役。 

例えば「Q・Q・4・4・8」が手元にあれば、それはツーペア! 

⑨ワンペア

ワンペアは、5枚のカードのうち同じ数字が2枚ある場合のこと。 

例えば「3・3・9・2・7」の組み合わせはワンペア成立ということです。 

⑩ハイカード

ハイカードは、上記で説明した役が1つも揃っていない、ポーカーで最弱のハンドです。 

カードの数字も、スートもバラバラな時がハイカード。 

ポーカーのハンドの約半分は、ハイカードになると言われています。 

 

ポーカーは何と言っても「習うより慣れろ」。 

プレイを繰り返し、役の種類と強さを覚えておきましょう。 

オンラインカジノのポーカーの良いところは、自動的に役をカウントして勝敗を判定してくれること! 

まだ役を覚えきれていない人でも、迷うことなくプレイできます。 

テキサスホールデムの戦略 

テキサスホールデムの戦略

ここまでテキサスホールデムのルールやプレイ方法、ポーカーの役などを解説してきました。 

しかし、ポーカーは奥の深いゲームであり、単にルールを知っているだけでは、運任せのプレイしかできません。 

それではなかなか勝てませんよね。 

そこで! 

以下では、テキサスホールデムをプレイするなら絶対に知っておきたい基本的なコツと戦略を紹介します。 

これをマスターすれば、あなたも初心者を卒業できるかも? 

テキサスホールデムの戦略①スターティングハンドを見極める

スターティングハンドとは、最初に配られるプレイヤーだけの2枚のカードのこと。 

アンティを支払った後、スターティングハンドが配られた時点で次のアクションを検討しなければいけません。 

そのため、獲得したスターティングハンドに応じて適切なアクションを取れるかどうかが非常に重要! 

 

以下では、自分が有利になりやすいスターティングハンドの組み合わせを紹介します。 

プレミアムハンド

プレミアムハンドとは、 A・A、K・K、Q・Q、J・J、10・10、A・K、A・Qの組み合わせのことを指します。 

スートまで揃っている場合はもっとラッキー! 

プレミアムハンドを獲得する可能性は低いですが、後に強いハンドが揃いやすくなるため、ぜひともベット額をレイズしたい勝負どころになります。 

プレミアムハンドが配られた場合は、間違ってもフォールドせず、ゲームを続けましょう! 

ポケットペア

ポケットペアは、スターティングハンドがすでにペアになっている状態のこと。 

すでにワンペアが成立しており、そこからスリーカードやフォーカードが出る可能性大! 

ポケットペアの場合もチャンスと捉え、迷わずレイズしましょう。 

その他の有利なスターティングハンド 

上記の2つ以外にも、のちのち自分が有利になりやすいスターティングハンドの組み合わせがあります。 

例えば8・9などのように数字が連続している「コネクター」、同じスートが揃っている「スーテッド」、スートが同じで数字も連続している「スーテッドコネクター」などがあります。 

これらは、フラッシュやストレートの獲得チャンスが高まるため、期待度もアップするスターティングハンドです。 

テキサスホールデムの戦略②アウツの確率を計算する

テキサスホールデムの戦略②が「アウツ」の確率を計算すること! 

アウツとは、役を形成するために足りないカードのことを言います。 

確率を計算…というとなんだか難しそうに聞こえますが、大体でもいいのでアウツが出現する確率を予想できるようになれば、勝率がグーンと上がります。 

テキサスホールデムで使われるのは13×4=52枚のカードなので、既出のカードを見れば、次に配られるであろうカードをある程度予想することができるんです! 

 

具体例を見ていきましょう。 

自分のカードが♠8、♠9 、コミュニティカードの最初の3枚が ♠J、♠7、♦2だったとします。 

この場合、スペードのカードがあと1枚出ればフラッシュになりますよね。 

つまり、アウツは 13 (スペードの枚数) – 4 (すでに出ているスペードのカードの数) = 9 となります。 

また、10が出ればストレートを形成することも可能。 

この場合のアウツは4枚です。 

 

つまり、このシナリオの場合、アウツが合計で9 + 4 = 13枚あることになります。 

これらのアウツが出てくる可能性を計算しましょう! 

 

52 (全カード) – 5 (すでに公開されている5枚のカード) = 47

13 ÷ 47 x 100 = 約27.7%

 

4分の1以上の確率で強い役を作り出すことができると分かりました! 

これはなかなかのチャンス! 

このように、アウツが出る確率を予想できれば、戦略が立てやすくなります。 

テキサスホールデムの戦略③フォールドは損切りのために使おう

テキサスホールデムのフォールドは、賭けを降りること。 

負けを認めることになるので、もちろん勝利にはつながりません。 

しかし、明らかに役が揃いそうにない時など、負けの金額を最小限に抑えるのに効果的。 

無謀なプレイを続けるくらいなら潔くフォールドしたほうが良いこともあります。 

 

ここで紹介した戦略の他にも、当サイトでは勝利につながる賭け方なども紹介しています。

気になる人はカジノ攻略法をチェック♪

テキサスホールデムまとめ

ここまで、テキサスホールデムの基本ルールからベラジョンでのプレイ方法、さらに戦略まで、てんこ盛りでご紹介いたしました! 

いかがでしたか? 

初心者の方も、プレイする準備が整ったのではないでしょうか? 

ポーカーの中でも最もメジャーなバリエーションであるテキサスホールデム。 

練習を重ねて、勝率アップを目指していきましょう♪ 

 

テキサスホールデムをプレイするならベラジョンがおすすめ! 

今すぐ登録で、ポーカーにも使えるボーナス30ドルをゲットしよう!


登録して30ドルもらう